SUFA とは

SUFAはエアロゲルと呼ばれる高断熱素材の一種です。

1931年にスティーブン・キスラーによって発明されたエアロゲルは、地球上の固体の中で最も軽く、最も屈折率が低く、最も断熱性能の高い素材です。
「凍った煙」などと称されるように、エアロゲルはその90%以上が空気でできています。

エアロゲルは、超臨界乾燥装置という、非常に高価な装置を用いなければ作ることができませんでした。そのため製造コストが跳ね上がり、作製可能なエアロゲルのサイズは装置の大きさに依存してしまい、現実的なコストで生産できなかったため、これまで実用化されてきませんでした。

ティエムファクトリは京都大学との共同研究の結果、この超臨界乾燥装置を用いないエアロゲルの開発に成功しました。それがSUFA(=Super Functional Air)です。SUFAは常圧での作製が可能なため、乾燥装置のサイズに影響を受けず、大判のモノリス(透明板状)を生産することが想定できます。また、SUFAの骨格は柔らかく、非常に微細であり、またそれ自体に強力な撥水性を持っているため、従来のエアロゲルより扱いやすく、透明度も高く、劣化も起きにくいという特徴を併せ持ちます。

SUFAモノリスの量産に成功すれば、ティエムファクトリは世界初の透明断熱材サプライヤーとなります。

about SUFA

形態紹介

▢Monolith type


従来、エアロゲル製造には高価な機器の導入が不可欠だったため、宇宙開発など特殊用途のみに使用されていました。対して、SUFAの製造は一般的な製造機械があれば製造可能です。これまでにない高い透明度や大判化を実現したことで、実社会の身近なものへの導入が可能になりました。さらに、当社SUFAは他社エアロゲルとは異なり、骨格自体に撥水性を保有しており、経年による性能劣化が起きないのが特徴です。また、紫外線による性能劣化も起きないことが分かっています。従来断熱ができなかった窓への搭載が期待されています。

▢Blanket type

 

フレックスブランケットタイプは、SUFAエアロゲルの柔軟性を最大限に生かすことができます。
施工・加工の幅が広く、熱対策が必要となる各部位に搭載できます。
提供材の大きさは、SUFA含浸設備が適用できる寸法にて、皆様の用途に沿って調整させていただきます。

▢Powder type

 

シリカエアロゲルは90%以上が空気で構成されているため、通常は非常に壊れやすいのですが、SUFAは他社品よりも骨格の柔軟性が強く、弾力性がございます。粉砕後に塗料など他材料と混練する場合にもその粒形・構造が壊れにくいため、高い断熱性を活かした複合検討が可能です。
また、軽量・低密度である点も特徴となっております。断熱性能を付与しながら、元材料や製品自体の軽量化を叶えることによって、搬送作業や施工時の負担軽減にも繋がると期待されます。

Mission

サスティナブルな社会の実現

SUFAの世界規模普及

Vision

Value

SUFAの製造技術

SUFA 搭載による世界

[SUFA UAP]

 

SUFA UAP を搭載した透明パネル。
50mm⾓、50×100mmの2種のピースにより様々なパターンを⽣みだせる。


共同開発準備中。

[MOPUS cosmo series]

 

SUFA powder を搭載したオブジェ。


特定店舗にて販売予定。

to be continue...