PRODUCTS 製品について

Material Profile : 特徴

これまで透明な断熱材は一般市場に流通していなかったため、窓などの透明部分の断熱には真空ガラスや不活性ガス封入技術を用いるしかありませんでしたが、SUFAをガラスにサンドイッチするだけでトリプルガラス以上の性能が得られます。
また将来的にはSUFA自体が超高断熱軽量ガラスとして世界中の窓ガラスをリプレイスできる可能性を秘めています。

SUFAは、世界で最も使われている断熱材(グラスウール)の約3倍の断熱性能を持っています。つまり従来の断熱性能を実現するための断熱材の厚さが1/3で済むため、透明である特徴を抜きにしても、既存の断熱材料に比べて住空間や輸送機などへの実装において大きなメリットとなります。

SUFAは高断熱・超軽量という特徴だけでなく、他社のエアロゲルには無い大きなメリットを持っています。それはあらかじめ疎水性(=撥水性)を持っていること。他社製品は疎水性が無いため、そのままでは吸水により断熱性能が著しく低下してしまいます。これを防ぐためには表面の疎水化処理が必要ですが、処理したとしても、クラックが入った場合にはそこから水分を吸収してしまうため、結局完全に水を防ぐことはできません。

SUFAの場合は材料自体が疎水性を持っており、水分による劣化は起きません。

熱伝導率

0.012-0.014
W/m・K

接触角(水)

140°(超撥水性)

可視光透過率

@800nm
95-97%

密度

0.11-0.12g/cm3

耐熱温度

〜630℃
(窒素雰囲気)
〜467℃
(空気雰囲気)

熱膨張係数

64×10-6/K

曲げ強度

0.05-0.4MPa

圧縮強度

9.22MPa

圧縮弾性率

0.72MPa

耐光性

促進耐光性試験10年間分実施で、有意な変化なし。

平均空孔径

50〜70nm

屈折率

1.05

比誘電率

1.10

他素材には実現できない高断熱性能

熱伝導率Thermal conductivity λ(mw/m.k)