ABOUT US 会社について

for the Earth : 地球のために

サステナブル社会実現に
おける断熱材の果たす役割

人類が持続可能な発展を遂げていくために、地球温暖化問題への対処は必要不可欠です。各国政府が発表している気候変動に関する報告書においても、その深刻さと速やかな対応の必要性が示されています。
一方、経済や産業の発展と温室効果ガスの排出量削減がどうしてもトレードオフの関係に陥りやすく、世界各国が足並みを揃え、長期的視点で温室効果ガス排出量削減、すなわち消費エネルギー量削減の取り組みを進めていくためには、より環境負荷の少ない製造プロセスの開発や、より少ないエネルギー消費でより快適な空間が維持できるようなイノベーションが、建物や自動車、家電製品などにおいて次々と生まれていかなければなりません。

産業部門・民生部門を問わずほとんどすべてのエネルギー使用用途において、その消費量の低減に貢献できる共通項目があります。それは「熱マネジメント」です。特に電力は、その半分以上が冷暖房や給湯などの熱マネジメントに使われています。また、光や動力などの熱以外の用途に電力を使う場合でも、熱がこもらないようにする、あるいは発生した熱を有効利用するといったように、なんらかの形で熱の流入出を制御することが大きな省エネ効果をもたらすと言えます。身の回りを見ても、建物にはじまり、衣服、自動車や飛行機などの輸送機、冷蔵庫、電子レンジ、スマートフォンやウェアラブルデバイスなど、ほとんどの物に何らかの形で断熱材が使われているし、産業界においては生産ラインや輸送における温度コントロールが、コスト全体に大きな影響を与えている。つまり高性能な断熱材を開発することで、あらゆる場面でのエネルギー消費量を低減することが可能となり、開発費に対する省エネ効果は絶大です。